真実発見の誘惑
Evidenceを勉強していて裁判に関わるということがどういうことか考えた。刑事であれ、民事であれ、裁判において決断を下すにあたって前提となるのは事実認定であることは言うまでもない。ただ、一方で証拠収集過程において違法行為が許されてはならないことも言うまでもない。違法行為によって収集された事実を証拠として使うと、捜査当局の違法行為を助長することになり、違法収集証拠は排除されるというのが原則論である。ただ、具体的事件の解決をするにあたって、真実発見の誘惑を断ち切るのは相当難しいことだと認識しておいた方がいい。

特に証拠法の発想になれていない人が裁判にかかわらないといけないということが具体的にどういうことなのか、考えていた方がいいと思う。違法捜査がなされたとして、証拠Aは絶対に排除されなければならないとしよう。でも、証拠Bだけで有罪にするべきかどうかあなたは迷っている。わかりやすくするために架空の事例を考えてみよう。
あなたの近所で6歳の女の子Aちゃんが突然いなくなり、皆が総出で探したけれど見つからなかった。数日後、Aちゃんは近くの公園で死体として発見された。死体解剖の結果、性犯罪の兆候が見られる。警察官Bは従前から性犯罪者としてマークしていたXの家を訪問し、令状を得ないまま、Xの不在時に窓から進入し、家宅を捜索した結果、Aちゃんの衣服が押入れから発見された。当該衣服をもとに、Xに自白を迫り、Xは自供した。逮捕後、Xの犯罪事実は(警察官の違法行為の事実を除き)全国に報道された。Xは強姦、殺人、死体遺棄で起訴され、あなたは裁判員としてXの裁判に関与している。Xは法廷で被疑事実を否認し、弁護人からは証拠排除の申立てがなされている。Xが当該犯罪を犯したことは明らかである。Xが無罪になれば、あなたの近所にまた戻ってくるかもしれない。あなたには同じような年頃の女の子がいる。本音をいえばXには刑務所に行ってもらいたい。二度と社会に復帰してもらいたくない。
この問題には正しい答えはないと思っているので、少し考えてみてください。裁判員としてあなたが関わらないといけない事件だと思ったら、どうするだろうか。

(1) Aちゃんの衣服と、Xの自供以外に証拠がない場合、どうしますか。
(2) 警察官Bが家宅侵入をしたのではなく、大家に身分を偽って鍵を借りた場合はどうしますか。Xの親(既に老齢で痴呆症にかかっている)に遠縁の親戚であり、Xに会いにきたと身分を偽って自宅に入れてもらった場合はどうしますか。
(3) 近所の人Dが、Xが事件の数日前に執拗にAちゃんに話しかけている場面を見かけたと証言している場合、どうしますか。
(4) さらにDが、事件の当日XがAちゃんと一緒に歩いているところをみかけたと証言している場合、どうしますか。

法律家としてみた場合にある程度結論は明らかなのかもしれない。でも、娘を持つ親として考えたとすれば私には結論は出せない。
[PR]
by neon98 | 2005-06-27 13:22 | よしなしごと
<< LAW JOURNAL Unocal Dealにおける国益 >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧