深い河
「深い河」遠藤周作(講談社文庫)を再度読み直す。彼の作品の背景にあるキリスト教的背景を押し付けず、全ての宗教の背景にあるであろう人間に対する「愛」をテーマにした作品として非常に面白い。

僕も、特定の宗教に真摯に帰依することなく、あらゆる宗教に基づいた行事を楽しむ典型的な日本人である。人智を超越した何かが存在することの可能性までは否定はしないが、今後も特定の宗教を真面目に信じることはないであろう。

だからといって、宗教倫理に相当する価値観がないかというと、そんなことはない。キリスト教的価値観を掲げながら、倫理を超越した行動をとりがちな某国の人よりもより倫理的だし、人間を大切にした行動をとろうとは心がけている。特定の宗教を信仰するか否かにかかわらず、肉親や親しい人の死の場面を皆みてきたはずで、生死の関わる局面で人の行動原理たるものが何かというものは文化として受け継がれているのではないか、そう思う。
[PR]
by neon98 | 2005-09-06 13:34 | 読書・映画等
<< アメリカの事務手続きで失われて... 災害でみえるアメリカの事情 >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧