Undergroundを読んで
NJのミツワまで来た際に近くに日本の古本屋を発見。文庫本一冊4ドルとアメリカにしては悪くない値段設定だったうえ、5冊購入で6冊目無料という特典付だったので、即購入。洋書を読むことは可能だけど、小説を無理なく読めるほどボキャブラリーは充実していないし、恥ずかしながら英語の本をリラックスした状態ではとても読むことはできない。貴重な古本屋を発見したので、大満足。

早速、村上春樹「アンダーグラウンド」(講談社文庫)を読む。地下鉄サリン事件の被害者のインタビューを題材にしたノンフィクションであり、当時の悲惨な状況が生々しい。一部の被害者が地下鉄の中でサリンで息苦しくなっても皆ほとんどしゃべらず、黙って違う車両に移る人のほかは沈黙したまま我慢していたけど、アメリカだったら皆が騒ぎ出してもっと早く窓を開放していたのじゃないかと語っていた。電車、バス、エレベータの中では静かにするという文化的背景が特に日本では強く、そのことが被害を強くしたのかもしれない。知らない人同士の距離感が日本とアメリカでは随分異なるということを改めて感じさせられた気がする。

震災のような目に見える災害(皆が皆災害が発生したことは認識して行動していた)とは異なり、それぞれが地下鉄で毒ガスがまかれることは予想していなかった事件がゆえの事情もあるだろう。

日本の安全神話が既に崩壊してきている現在、自分たちの身を守るための教育というものが会社、学校などでもっと取り入れられてもいいのかもしれない。
[PR]
by neon98 | 2005-09-13 09:50 | 読書・映画等
<< M&Aの成否を決めるもの たらばくんの一生 >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧