LLMs Rule the World
やや刺激的なタイトルの元ネタはこちら。

(以下、記事内容のまとめ)

政治の世界においてLLMは重要な役割を果たしている。例えば、グルジアの内閣の構成員の多くがアメリカ法のトレーニングを受けており、革新的な学位としてみなされることのないLLMは実際には政治的な変化を促進している。LLMには各国から主要人物が集まり、例えばコロンビアの最近のクラスにはthe general counsel of Haiti's Central Bank、the dean of Mozambique's law school、およびsenior advisers to the Guatemalan Truth Commission and to New Zealand's Ministry of Maori Affairsが参加していた。

グローバリゼーションの時代において、コーポレートロイヤーが米国または英国でのLLMで学ぶことはもはや必須である。LLMは米国の依頼者を理解し、クラスメートを通じたネットワークを作ることに寄与する。多くのCorporate Law Firmをみると、創業者はLLMsだ。代表的な例として、Zia Mody of India's AZB & Partners, a Harvard grad; Wei Xiao of China's Jun He Law Offices, a Columbia grad; and Ken Tsunematsu of Japan's Nagashima Ohno & Tsunematsu, also a Columbia gradがあげられる。

LLMは1990年代にブームとなり、米国の大学または大学院で法を学ぶ外国人の数は1994年から2001年にかけて3,453名から6,552名へ90%も増加した。9/11以降毎年若干の減少傾向が見られたが、2004年に再び増加に転じている。

LLMがアメリカの評判を高めるとは限らないが、ロースクール側は複雑なアメリカ社会を理解させようと努める。卒業生がアメリカに好感を持つにせよ、持たないにせよ、アメリカのシステムを取り入れていくのだ。

(以上、記事のまとめ)

大雑把な記事の内容は上記の通りだが、第一印象として記事はLLMという学位を過大に評価していると思われる方が多いのではあるまいか。僕もそう感じた一人なのだけど、日本人以外からはLLMはもう少し高く評価されているのではないか、と思う。

日本人は国民が皆「中流階級」に属していて(あくまでも相対的にみてという話)、ずば抜けた階層に所属しなくても留学という制度を利用することが可能である。もちろん留学のための障害はあるにせよ、法律事務所派遣、企業派遣というかたちで金銭的な障害は乗り越えられ、奨学金を利用している人は少ない。高い階層、すごい金持ち、ずばぬけた秀才でなくてもLLMに参加できるのである。必然的に企業に勤める方、弁護士の留学がほとんどになって、バックグラウンドが大きく異なることは少ない。日本での受け止められ方は、「渉外弁護士は皆留学しているし、それだけだと付加価値としてはあまりないよね。」というのが正直なところで、記事を読んだときの違和感はここからうまれる。

でも最近はLLMという機会を十分に活かしきれたのだろうかと疑問に思うこともないではない。むろん当時は精一杯努力したけれど、ごろごろいる日本からのCorporate Lawyerの中の一人にすぎず、英語力の問題もあって授業での議論に十分参加できたとも言い切れない。反省したところでLLMに参加するときの僕の実力はそれまでの人生を反映しているのだから、後悔してもしょうがないのだけど、英語のNative Speakerだったらなあと思ったことは何度もあった。

実際、LLMの学生のバックグラウンドは日本以外の国をみてみると多様で、某国首脳の子息、外交官、人権活動家、国連関係、人種差別撤廃運動家と多様で、すごい金持ちか、高い階層の出身か、特殊なバックグラウンドの人もたくさん含まれている。別にビジネスローなんてちょこちょこ勉強したところで日本からでも相当の知識は習得できるし、こいつらとの人脈をきっちり築いておくことの方が重要なんじゃないかとも思ったりするわけだ。

第一学期目は授業についていくだけで必死で食事時間と睡眠時間以外はほとんどケースブックと格闘していたけど、第二学期は手を抜くコツも覚え、色んなやつらと遊びに行き、パーティにはほとんど全て参加した。多くの同期生はそれぞれの国に帰り、それぞれのフィールドで活躍しており、たまにメールで近況を聞くのを楽しみにしている。
[PR]
by neon98 | 2005-09-30 07:56 | Law School
<< Congratulation Bar Exam 追記 >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧