Cyndellera Man
ずっと観たかった映画Cyndellera ManがようやくDVDでNetflixに入荷され、手元に届いたので早速昨夜みた。

d0042715_1133630.jpg極めて単純なストーリーで評論家には受けないだろうし、マニア受けもしないだろう。感動的なストーリーという以上に何もアピールすることはないのかもしれない。僕は、映画に高度な文化を求めないし、ストーリーは単純でいいと思っている。心に何か前向きなものや暖かいものを残してくれるか、それだけが好き嫌いの基準なので、本当に単純なヒューマンドラマに弱いのだ。

この映画、Long Island時代のMadison Squareがボクシングの会場として何度も出てくる。1929年~の大恐慌を時代背景とした一人のボクサーが家族の生活をかけてカムバックしていき、アメリカに希望を与えていくというストーリー。New Jerseyでの彼らの生活、Central Parkでのデモの様子などが描かれている。実話である。

いかにもアメリカ的なストーリーと人は言うかもしれない。その裏にはアメリカ的な単純さ、わかりやすさを馬鹿にした発想があるように思うのだが、単純だけど感動的な話に素直に感動できる子供じみた部分があってもいいと僕は思う。僕はダイハードを見て大泣きし、隣にいた当時の彼女を困惑させた人間なので、少しばかり「感動回路」が壊れているらしいが・・・。

一つだけ違和感のある点。
家族のために、これほど闘えるだろうか。
というキャッチフレーズは違うだろう。彼は家族のために闘ったのではない。父親としての彼のプライドのために闘ったのだと僕は思いたい。
[PR]
by neon98 | 2005-12-21 01:12 | 読書・映画等
<< 外国税額控除についての最高裁判決 司法のしゃべりすぎ? >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧