NEWYORK住宅事情
留学生の財布を一番悩ませるのがNew Yorkで年々上昇しつつある家賃相場である。活気のある不動産市場を反映してか、ここ数年賃料は上昇傾向にあるそうだ。幾ら日本でそれなりの収入を得てきた方々が多いとはいえ、New Yorkの賃料相場は嫌に高い。

Manhattanの中でも相当地域や物件により賃料が異なるけれど、ミッドタウンでStudioを借りている友人は1,800ドル、1ベッドルームでも2,500-3,000ドル程度支払っているのが普通だと思う。これが支払えない人はManhattanを離れるとか、一人暮らしの方だとルームシェアで対応することになる。

不動産市場がバブル水域に達しているという言い方をされる人もいれば、不動産バブルとはいえないという意見もある。バブルというのをファンダメンタルからの乖離と定義した場合に、相場がどれだけファンダメンタルから乖離しているのかを図る指標としてCo-opとCondoの価格を比較するのだそうだ。前者は購入者自らが住むほかない賃貸禁止の物件であり、後者はそのような制約がないらしい。この2つの物件価格に大きな差異が見られない場合に、実需に基づく価格が投資目的で釣り上げられていないと一応言えるようで、これを指標にするとNYの場合はまだバブルには達していないそうだ。

賃料相場からしてNEWYORKの住環境が悪いかというと、果たしてどうだろうか。NYの良いところは1時間弱ほど離れれば、自然の豊富な、美しい住環境が入手可能であるということ。賃貸物件であっても1000Sq.Feetの2ベッドルームが賃料1,500ドル程度~で借りられる。所有した場合の経済効果を考えるともう少し住宅コストは下がるだろう。そう思いながら、1000SQ.Feetの広さを㎡で換算してみるとなんと230.492.9㎡。箱みたいなワンルームマンションがないだけで、広さ単位での住宅コストは断然NYの方が日本よりも安い。こちらに来る前に借りていたマンションが60㎡。なんだか日本に帰国する気が失せてしまった^^。(手元の単位換算表が間違ってたみたいで、日本で探せばないことはない程度の物件の広さではありますね。)
[PR]
by neon98 | 2005-12-28 12:54 | 日常・海外生活
<< 目の前にあるもの あるおばあちゃんのお話 >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧