乗っ取り屋と用心棒
ようやく入手して読んでみた乗っ取り屋と用心棒。厳密な意味で専門書ではないのだが、よく勉強されているなあと素直に感心した。「第6章 様々な鎧と用心棒」はどちらかというと業界内ネタを週刊誌的興味をもって読んだのだが、本来そういう本ではない。全体を通じて一つのポリシーが感じられる。

「四類型登場の背景」というコラムは裁判例動向の予測という観点からも重要だろう。なんでLBOがいけないんだろう?という疑問は、日経新聞記事で鬼頭裁判長のインタビューを読んでもなぜ駄目なのかは全く理解できなかったし、今もできないのだが、わざわざ判決文に書かれた背景なるものが若干触れられている点は参考になる。でも、これをベースに対抗策導入した企業がたくさんあるし、どうするんだろう。
[PR]
by neon98 | 2006-02-24 15:07 | 読書・映画等
<< シリーズ 日本のCorpora... 日経でもインサイダー取引ですか・・・ >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧