Day 4 Bryce Canyon and Salt Lake City: トキメキ、失望とGo City!
d0042715_18465881.jpgDay 4は朝からBryce Canyonへ。ある意味でGrand Canyonよりも楽しみにしていた場所である。Grand Canyonとは石の種類や色合いが全く異なる。美しいのだが、僕はいささか延々と続く砂漠の風景に疲れてきつつあった。どこまで走ってもあまり代わり映えのしない風景だ。籠の中の車輪で走るしかないハムスターはきっとこんな気持ちなのだろうなあ。American Dreamへのトキメキ、一目惚れは長くは続かない。僕にはゴールドラッシュで西へ向かう気概はないようだ。街へ行こう。そう思った。街へいけば何かがあるに違いない。Salt Lake Cityへ向かう。

わが子は車の後ろで退屈に苦しんでいる。砂漠の中で暴走している両親は自らを無視しつづけている。泣き疲れて寝るしかないようだ。親は親で持参した子供用の音楽を聴くのに飽き果てている。一日8時間くらい同じCDをかけろと要求されつづけているのだから当然だ。わが子が発狂寸前に泣き始めた頃にようやく街が見えてきた。モルモン教徒の街、Salt Lake City。ホテルを探しつつ、街中をドライブしているとなんとなく街の様子がわかってくる。結論からいうと僕たちはこの街をとても気に入った。僕のお気に入りのChicagoのダウンタウンも美しいのだが、それとは違う次元で美しい。ちなみにNew Yorkの街はお世辞にも美しいとはいえない。一部綺麗な建物や綺麗な通りはあるし、夜景はきれいだが、街が綺麗というのとはちがう。

d0042715_18481284.jpg違う次元での美しさを創りあげているのは、寺院を中心に作られた街ゆえの生活感のなさかもしれない。寺院の周囲に大学らしきもの、宮殿、ホテルが集まり、路面電車と馬車が行き交う。人通りも多すぎず、歩道の広さも散歩に心地よい。車のマナーが不思議なほどよい。早速ホテルを探してチェックインし、すぐに寺院を見学しにいく。美しすぎる。敬虔な仏教徒ということにして説教は遠慮したが、礼拝時の演奏も見学させてもらう。相互作用がうまくはたらいている限りにおいて、宗教と街の美しさと人のマナーは関係しているのかもしれないなと思った。

d0042715_18485633.jpgホテルのコンシェルジュにおいしいItalianを紹介してもらう。300 SouthとWest Templeの交差点にあるChristopher’s Macaroni Grill。ビールはHeaven’s Aleというものを薦められた。とても美味しかったので名前をメモして帰ったが、その後どこでも発見することができないままでいる。New York以外で唯一まともなItalianを出す店だった。アルデンテのパスタが出てくるだけでもたいしたものだ。僕たちは国立公園巡りの後半戦に備えてじっくり英気を養うことができたのだった。

〔次は伝説のイエローストーン編〕
[PR]
by neon98 | 2004-08-12 18:52 | 2004年8月国立公園巡り
<< Day 5-7 Yellow ... Day 2-3 Grand C... >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧