World Baseball Classic 事情
日本チームが準決勝進出できたのはとにかくラッキーだったというほかない。メキシコチームのプライドをかけた戦いに感謝するだけだ。メキシコの打者のファウルポール直撃ホームランが2塁打と誤審されるケースが日本戦での誤審を起こした審判によりまた行われたようである(WBCサイト内の記事でも誤審であると指摘がされています)。米国戦に米国の審判を起用すること自体がおかしいわけで、WBCを野球のワールドカップと位置づけようとするにはあまりにも不公平な運営である。まあ、今となっては、誤審がメキシコの奮起を促したのかもしれないともいえるのだが。

既に韓国に2度も敗れたのに準決勝でもう一度闘えることは運以外の何者でもないと思う。3度目の正直となるのか、2度あることは・・・となるのか、乞うご期待。韓国チームが日本チームに勝利したのちに国旗をマウンドに掲揚したことを特に強調するメディアがあるだが、日本国旗を燃やすとかならともかくとして国際試合なのでその程度は当然のような気もする。それを悔しいと思うのであれば、是非与えられた3度目のチャンスをものにしてもらいたい。

さてさて、このWorld Baseball Classicだがあまり商業ベースで成功しているとは思えない。さすがに準決勝のチケットはもう入手できないが、それ以前の予選レベルだとチケットが当日でもNetで入手できていた。アメリカ人も国際試合よりもメジャーリーグの方が大切であり、アメリカが最強であることは明らかなのになぜこんな大会をしないといけないのかと思っているような気がする(アメリカが主導的にはじめたんだけど)。それとも負けたから話題にしたくないだけなのだろうか。とにかくNBAがあることもあって、全然盛り上がりを見せていないのだ。

この盛りあがりのなさは、
1. 一部メジャーリーグ球団の非協力的な態度
2. ほとんどネットでしか生放送していないこと
3. アメリカ人によるアメリカ人のための大会として運営しているのにアメリカ人の興味はNBAにしか向いていないこと
が原因ではないだろうか。

一応TV放送もあるのだが、Deportes/ESPNというスポーツ専門局の一チャンネル(スペイン語放送と思われる)でしかやっておらず、あとはネットでの有料放送のみである。しかもこのチャンネルはNYでは放送していない(特に注文すれば見る手段があるのかもしれないが)(注:数時間遅れで録画放送はやっているけれど結果がわかったのちに深夜から放送を見る気になれない。)。Liveで10ドル弱で全試合見られるので安いとはいえ、アメリカのネット環境はさほど快適でもない。途切れそうになったり、チマチマとして画像しか流れなかったりする環境で、誰がラップトップの画面で野球を見たいものか。皆でビール片手に大画面で見られる環境がないのに誰が試合を見ようと思うだろうか。ネット配信の限界を感じた大会でもあった。

アメリカで行うWBCをアメリカにいながら見ていないという不自然な状況にストレスを感じつつある今日この頃でした。
[PR]
by neon98 | 2006-03-18 00:53 | 日常・海外生活
<< Financing Struc... Interview and O... >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧