译解公司法的每天
タイトルは「会社法を解読する日々」をエキサイトが翻訳してくれました。

アメリカにいるんだからアメリカ法などの実務の勉強を優先させようと思いながらずっとさぼってきたんですが、とある事情でこの数日会社法を解読する作業をしております。日本にいる皆さんが仕事をされながらも勉強をされているのに気楽なTraineeができないのもおかしいですし、帰国してから「私は旧商法の専門なので、新会社法専門の弁護士を紹介します。」などというのも嫌なので、苦痛はしょうがないんですが、それにしてもすごい条文の数ですね。

平仮名表記にして頂いたのは嬉しいのですが、それ以外の部分は本当に読み易くなったのだろうかと疑問に思う点が多々あって若干愚痴を言いたくなる面がないではありません。公開会社を原則にして条文を書いていただきたかったとか、定義規定は第2条に全て入れていただきたかったとか、形式的な面でも色々とあるんですが、あらゆることを書いてしまい、書かれていないことはできないと考える思想に違和感がありますね。

株式の消却はすべて自己株式の取得+自己株式の消却と理解するとか、株式分割と株式の無償割当てと制度を区分するとか、必ずしも必要性のない改正までされているので、理論的にはすっきりしたと評価できる反面、一度過去の記憶を破壊する必要があるのがつらいところです。株主総会向けの記事が多く配信される時期にきちんと勉強しておくと理解が定着するので、今が踏ん張りどきかもしれません。

今日も何のひねりもないエントリを書いてしまった・・・・。会社法条文的疲弊毎日。
[PR]
by neon98 | 2006-04-12 05:45 | よしなしごと
<< 「統計」の信頼性 News Co事件は和解へ >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧