Americal Law School System
BarBriを受講していると、その効率の良さもさることながら、内容の浅さが気にかかる。内容の浅さという面では、範囲が膨大であることと期間が2ヶ月しかないことからやむなしという感じがしないでもない。でも、そんな浅いことすらロースクールでは教えない。ロースクールで授業を受講していて「面白いけど、で何がルールなの?」という疑問をぬぐえなかったのはどうも皆に共通する要素のようだ。

ケースからルールを読み取る能力、依頼者に有利なようにルールを解釈して主張する能力などを徹底的に鍛え、ルールを覚えること自体には重きをおかない教育システムといってよいのだろう。推測だけど、(1)各州法律が違い、どの州で実務をするかわからないのに細かいルールを覚えることにあまり意味がない、(2)細かいルール自体は調べたり、専門家になればわかることであって、それよりも法律家としての議論の立て方などを鍛えることが重要である、という風に考えられているような気がする。アメリカ人も何がルールかわからないとよくこぼしており、1LのJDなどは授業は思考を混乱させるためにあるんじゃないかとまで言っていた。

秋学期に最初に授業を受けた時の印象は、「JDはなんて馬鹿な質問をするんだ」「議論の立て方に説得力が全くない」だったけど、それでも次の学期になると見違えるように説得的な議論をしはじめた(Upper Classでのことなので、2Lか3Lのことをさしています。)。その意味では教育課程は(少なくとも必死についてきた一部の学生にとって)成功といえるのかもしれない。

違うリーガルシステムの中での違う教育システムから得た感想を述べているだけであって、良し悪しを論じているわけではないので、念のため。
[PR]
by neon98 | 2005-06-04 02:19 | Law School
<< W杯目前 How to Study >>

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧