2006年 01月 11日 ( 2 )

ババヌキで終わらせないために
カネボウ粉飾決算の公判(Nikkei)で証拠調べが終了し、次回は論告・求刑の予定とされています。
帆足被告は、化粧品本部長だった1994年ごろから、繊維など不振部門の架空売り上げにかかわったと説明。社長就任後も粉飾を続けたことを「株主の判断を誤らせた」と謝罪する一方で、歴代の社長の実名を列挙し、自分だけの責任ではないと強調した。
彼の言い分はむろん罪を逃れる理由にはならないわけですが、同じ粉飾決算をしていても最終的にババを引いた人間のみが責任を問われている点については不公平だといえなくはないでしょう。

粉飾決算の事件において過去からの慣習で粉飾を行っているケースは結構あるように思います。過去からの積み重ねを知った時点で、それを公表し、決算を修正することが要求されるわけですが、この行為は実際には容易ではありません。倒産への引き金をひきかねない行為ですから、取引先・従業員すべてに影響を与えることが予想されます。とりあえず今期は過去の慣例に従い、利益がでたときに「ソフトランディング」をしようという誘惑もあるでしょう。

長銀・日債銀のケースでも思いましたが、この手のケースでは最後にババを引いたものが損をする構造になりがちです。捜査当局からすると、時効の問題、証拠の散逸の問題等で一定の限界があることは事実ですが、過去からの蓄積も含め、きちんと責任をとる構造になってほしいものだと思います。他の社長の責任を主張する彼の行為は日本人的には潔くないものとうつりがちですが、気持ちはわかるような気がします。
[PR]
by neon98 | 2006-01-11 10:09 | LEGAL(General)

Corporate Finance
企業価値評価―バリュエーション;価値創造の理論と実践とか、プライベート・エクイティ価値創造の投資手法とか、プライベート・エクイティ―急拡大する未公開株式投資の世界などは既に読んだことはあるのだが、弁護士としてクライアントの話を理解できるレベルにはあっても理論的背景まで整理できていない。Law SchoolでのCorporate Finance講義はひどい評価で、実際に聞きにいってあまりにも初歩的なのでやめにし、Business Schoolでの講義はちょっとロイヤーにとってはToo Muchだったので結局とらなかった。

もちろん自分でValuationをするわけではないのだが、After Closingの価格調整メカニズムなどの場面できちんと使えるように知識を整理しておこうと思って、Corporate Financeの本を手にすることにした。ボキャブラリなどもあわせて学べるので、本当は英語のテキストの方がいいのだが、独学でやろうとしているときに英語のテキストなど購入してしまうとそのままお蔵入りしてしまう可能性が高いので、日本語訳で定評の高いコーポレートファイナンスの原理というテキストを選択。例題が豊富で難しくないのがいい。現在は3分の1程度読破。難点は厚いこと。寝転がって読むのに重たいし、バックパックに入れるのにも重たいし、ページがめくりにくい。サイズを大きくしてもらってもいいので、薄くするなど持ち運びの便宜は考えてほしいものだ。わりと本の売れ行きに関係するところだと思うのだけれど、出版社の方ではあまり考えないのだろうか。
[PR]
by neon98 | 2006-01-11 01:11 | 読書・映画等

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧