カテゴリ:日常・海外生活( 58 )

End of Internship
OPTの期限が切れ、ローファームでのInternshipが終わった。想像通り、忙しくはなかったし、ある意味ではぬるま湯といえるような生活であった。その中で自分のモチベーションを保つことは難しかったし、わりきってVacationと考えるべきかと思ったことも何度もあった。仕事のやりがいを求めて抗議をしたりしたことはたくさんあったし、その度に色々とカルチャーのギャップを感じたこともあった。専門的で、かつ分業の進んだ業務に見習うところもたくさん感じつつも、正直見習うべきではないと思うところも多々あった。
d0042715_11203675.jpg
少し研修期間が長かったなあと思う点もないではないけれど、色んな意味でここで研修をしてよかったと思う。仕事の内容的には学ぶべきというほどの違いは感じなかったけれど、事務所経営などの違いは大いに勉強になった。私はいつも望ましい制度設計はSomewhere between US and Japanにあるような気がしているので、これからは具体的に色々と考えていこう。

これらか少しNYに滞在し、最後に西海岸を訪問し、帰国予定。とにかく何もかも見せてくれた研修先の方々に感謝。ここでの経験が役立つようにしよう。
[PR]
by neon98 | 2006-07-03 11:39 | 日常・海外生活

イタリアに清き一票
さほどショックは大きくないといいながら昨日の敗戦とヤケ酒をまだ引きずっております^^。もうすぐ始まるブラジル戦、是非見たいのですがAssignmentを無視して帰宅するわけにもいかず、頑張って契約書をチェックしているところです。

敗戦の怒りゆえか、昨日あまりにも醒めたコメントを残してしまったことを反省しつつ、勝手に考えたクロアチア戦のメンバー。一部メンツの試合勘は気になるものの、編成上やむなし。ブラジル戦を残しているわけですから99.9%決勝進出は無理でしょうが、日本サッカーの意地を見せてほしいです。

少し早い優勝予想ですが、前評判が圧倒的なブラジルを本命とすれば、前回大会よりも中盤の充実したイングランドが対抗、アルゼンチン、オランダ、スペイン、ポルトガル、フランス、地元ドイツとあげればきりがないのですが、私はイタリアを推します。イタリアとブラジルが一位で決勝トーナメントに抜けることを前提とするとブラジルとは決勝まであたりませんし、初戦はF組2位となれば比較的勝ちやすいでしょう。前々回、前回とイタリア優勝に賭けて敗れたので今度は3度目の正直です。イタリアのサッカーは、固い守備から攻撃に転じるときのあのスピード感が好きです。昨年のチームよりも評判が高いようですし、3度目の正直となると思うのですが・・・。
[PR]
by neon98 | 2006-06-14 03:57 | 日常・海外生活

小笠原がみたかった
予選突破という結果は正直ほとんど期待してなかったので、さほどショックは大きくないですが、小笠原がみたかったなあという気がします。駒野のやる気のないクロス、あがりきれない三都主に加え、1・5列目からの飛び出しというパターンをほとんど利用できず、決定的なチャンスはほとんどありませんでした。川口はまあよくやったといわざるをえないんでしょうが、こぼれ球に詰めきれないのはボランチとDF陣の間のスペースについての決め事を守れなかったということじゃないかと思います。福西が時々後ろからシュートを見せてくれたように、もう一人縦への突破ができる選手として小笠原が見たかったなあということだけが残念です。

ジーコ監督は当初から長期政権が期待されたにもかかわらず、チーム内での必要不可欠な決め事すら徹底できなかったうえ、若手を育成したということもないわけで、この4年間で失われたものは大きいでしょう。彼にまともなチームから監督のオファーが来るのは難しいでしょうね。まあ日本のもともと実力がこんなものだといえばそれまでなのですが。

現実的に日本の決勝進出はなくなりましたが、日本戦以外にもたくさん観るべき試合があります(むしろそちらがメインイベント)ので、引き続きW杯を楽しみましょう。
[PR]
by neon98 | 2006-06-13 01:13 | 日常・海外生活

Class Actionに参加してみる
携帯電話のSPRINTからの請求書をチェックしていたら、一枚の紙切れの存在に気づく。危うく捨てるところであった。
If you wish to participate in the Class Action and receive benefits under the Class Settlement, you must complete, sign and return this Proof of Claim form.
なんのこっちゃ、と思いながら確認しているとClass Actionの和解への参加意思の確認書類らしい。Leading Plaintiffの名前をとって、2つ請求原因がたてられ、それぞれBenney Settlement Class, Lundberg Settlement Classとに分けられているが、訴訟はいずれもSprintが顧客から徴収したRegulatory Feeに関して誤解を招く説明をしたなどとして消費者契約法違反、契約違反、不当利得などによる損害賠償請求を問うものらしい。Discoveryがなされた後、双方が交渉し、訴訟の不確実性と訴訟費用の高額化を回避するために和解合意をしたという説明と、これに対して裁判所が和解内容を認可するかどうかは不確実であるという説明がなされている。これだけだと原告が何を主張しているのか全然わからないし、SPRINTが法的責任を認めないままに和解をしようということだけしか理解できない。

気になる和解内容だが、2003年6月1日以降に契約をしたクラスに該当する私の場合はというと・・・
a prepaid Sprint long distance phone card, that may be used from a wireless or wire line telephone, in the amount(s) of $2.50 (Benney Settlement Class) and $1.50 (Lundberg Settlement Class), as approved by the Court.
ってこれだけですかい。Class Actionが誰のための制度かよくわかりました。Milberg WeissがLeading Plaintiffに便宜をはかるだけのインセンティブがあろうというものだ。ネタ的に面白いからClass Actionに参加してみるべく書類を返送した。

SPRINTのClass Actionについて書いたところでなぜか携帯電話は本日から止められていることに気がついた。カスタマーサービスに問い合わせると使用量のリミットを越えたので停止したとのアナウンスがあるのみ。期限までに全て支払いをしてきたし、残高を聞いてみるとありえない金額が機械音声でかえってくるのみ。締め日以降、メキシコのカンクンにいてその間携帯電話の電源などいれていないので、そんな金額が使用されていることがありえない。携帯に残された発信履歴等をみてもどこにもかけていないことは明確だ。NTTの誤請求などが時々新聞報道されたことがあったけれど、こういうものって顧客はどう反証すればいいのだろう。銀行口座の取引履歴やらNTTの通信履歴やらはほぼ正しいと推定されているけれど、反証は事実上不可能だ。私としては絶対に使っていない自信があるので、絶対に払うまいと決めた。ちょっと高層ビルに昇ったり、ビルの陰にはいると電波が入らないSPRINTとの契約はお薦めしない。文句を言おうにもカスタマーサービスで対応するのは機械音声のみ。代理店を訪問して徹底抗戦することを決めた。意地でも払うつもりはないので、私の携帯しばらく(というかもう二度と)通じないかもしれません。
[PR]
by neon98 | 2006-06-08 10:35 | 日常・海外生活

戻ってきてます
特命調査から戻り、今日は久しぶりにオフィスで仕事に追われています。休暇の前後に仕事がたてこむという不思議な法則があるように思いますね。カンクンは非常によく整備されたリゾート地という印象でした。ところどころにハリケーンの影響が残されていて、ホテルの一部がずっと修復工事をしていましたし、リーフが綺麗で有名な国立海洋公園が未だに閉鎖されていてそこで潜れなかったのは残念でしたが、機能としては90%は回復しており、逆に丁度いいくらいの空き具合だったのかもしれません。

戻ってみれば村上ファンド事件で大騒ぎなのに驚きました。感想めいたことをいってみると、日本では金融業界特に直接金融に属する業界に対する独特の見方があるものだなあということを改めて感じたということくらいでしょうか。皆さんが色々と書かれておりますし、既に出遅れてしまっているので、私の方では特にとりあげる予定はありません。仮にとりあげるとすれば、リーガルの側面からではなく、文化論的な側面からになるでしょうが、まだ言葉にできるほどまとまってませんのでしばらくは沈黙を守ることになるでしょう。
[PR]
by neon98 | 2006-06-07 06:45 | 日常・海外生活

特命調査
ある筋からの依頼で、メキシコのカンクンというリゾート地の現地調査にいくことになった。調査対象はハリケーンからの回復状況調査を中心とし、具体的調査項目としては(1)カンクン周辺海域の潜水方式による海洋調査、(2)カンクンにおけるリゾートホテルのサービス状況調査、(3)カンクン周辺の遺跡保存方法調査、(4)カンクン市内におけるレストランの食料保存・調理状況調査が含まれる。残念ながらある筋からは費用が出されないため、私費での渡航となるし、リゾートホテルのサービス状況調査には家族の意見を聴取することも含まれるため家族での渡航となるが、偉大な調査目的達成のためにはやむなしと判断する。海洋調査には危険が伴うため、ここ数週間走りこみを継続し、体を鍛え続けてきた。Cカードと3点セットを持参し、万全の体制で挑む。調査期間は一週間。
d0042715_0404386.jpg
真面目な現地調査であり、調査結果はある筋からデータ使用の許諾が得られれば学術論文として発表される可能性がある。TAX REFUNDをもらい、残された有給を消化し、帰国前に悪あがきとして遊びにいくんじゃないかという邪推は無用である。そこんとこよろしく。ということでしばらく更新ありません^^。
[PR]
by neon98 | 2006-05-29 13:17 | 日常・海外生活

中古品市場の日米比較
ぼちぼち帰国に向けて身の回りのものを少しずつ整理しはじめた。うちの奥さんがMoving Saleということでとりあえず使わない冬物類などを中心に処分。ご近所さんと一緒にMoving Saleを開催したところ、色んな人種の人々の色んな需要があるので、中古のかばんやら上着やら結構色んなものが売れてびっくりしたらしい。車や家具も処分していく予定なので6月中旬くらいにはあちこちの掲示板に出そうと思っているのだが、アメリカ人と日本人とでは中古品市場に関する感覚が全然違うのにはいつもびっくりする。

例えば、日本での中古車なんかは誰かが乗った瞬間に値が下がり、2年も乗ったら半額くらいになったりする場合があるけれど、アメリカだとせいぜい10%から20%程度減価される程度にとどまる。自動車なんかだと10年間の定率法による償却をしているようなイメージというといいすぎだろうか。アメリカで中古車評価でよく利用されるのがこの(Kelly Blue Book)であり、この金額をベースに交渉が行われる場合が多い。

家具などでも日本人が提示する金額は相当安いらしく、日本人が開催するMoving Saleには朝一番に殺到するアメリカ人がいた。彼曰く、日本人はわりと丁寧に家具を利用するし、その割りに安い出品が多いということのようだ。日本人である私としては、アメリカ人が提示する中古品価格だと高いし、概して乱暴に利用されていることが多いので、イマイチ購入意欲がそそられない。自動車なんかは本当に整備が悪い。

「もったいない」精神が定着した日本人であればもっと中古品を利用していいはずだし、日本における中古品市場が発達し、中古品価格が高騰してもいいはずなのだが、現実は違うのはなぜだろうか。幾つか仮説をたててみた。

(1) 物を捨てることに相当程度罪の意識があり、誰かに中古品として利用してもらうことはこのような罪の意識を軽減させることになる(「使ってもらってありがたい」)ので、対価が安くても売り手にとって売買が十分な効用を持つ
(2) 保管スペースがなく、処分コストが相対的に高いために中古品に対する需要が少ない
(3) 中古品が個人的関係のある人に対する売買であることが多く、そのような関係において対価を受領することに対する「恥」の意識がある
(4) 新製品により得られる満足度が高く、また新製品の価格が安く、中古品に対する需要が十分に喚起されない(これは日本に限定されず、多かれ少なかれそういう面があるのだが)
(5) 米国と比較して経済的格差が乏しく、中古品でもいいから欲しいという階層が比較的少ない
(6) Moving Saleをしようにも十分なスペースがないし、個人売買で家具を配送するにもコストがかかりすぎる
(7) 手間をかけて中古品を売却するだけの時間的余裕がない人達が多い

日本でもインターネットオークションにより幾らかは改善される余地があるし、リサイクルショップなども以前と比較すると随分充実してきているのだが、フリーマーケット的な個人市場はやはりまだまだ未開拓という気がする。
[PR]
by neon98 | 2006-05-29 11:25 | 日常・海外生活

So Kong Dong, Fort Lee NJ
豆腐チゲの有名店でManhattanやQueensからも食べに行く人がいるらしいということで行ってきました。ManhattanからだとGeorge Washington Bridgeをバスで渡るか、Port AuthorityからもLincoln Tunnel経由でバスが出ています。ミツワに行かれるついでに少し足を伸ばしてはいかがでしょうか(交通の便が多少悪いですが)。

So Kong Dong
130 Main St, Fort Lee, NJ 07024-6934
(201) 585-1122

メニューは豆腐チゲ(具は幾つか選ぶことができる)とKorean BBQしかありませんが、チゲの辛さはnot spicy, not too spicy, medium, hot, very hot (だったかな?)の5種類から選べます。そんなに辛くありませんが、香辛料をあまりきつくしてしまうと豆腐の味が負けてしまうので初めての方はMedium(せいぜいHotどまり)くらいで挑戦することをお薦めします。スープに溶け込んだやわらか豆腐に、卵をとじこんで味わってください。カメラを持参するのを忘れ、写真はありません^^。
[PR]
by neon98 | 2006-05-22 23:58 | 日常・海外生活

Hoboken (NJ)
ManhattanからだとPATHで一駅でHoboken(NJ)へ。街並みはすっかりヨーロッパ。アイリッシュバーなどが多く立ち並び、綺麗に統一された街並みです。映画レオンも一部こちらで撮影されています。
d0042715_4262624.jpg
Washington St.沿いには雑貨屋やレストランが一杯。あまり広すぎず、休日に少しぶらぶらするには丁度いいです。
d0042715_4264166.jpg
New Jersey側から見るManhattanはなかなか綺麗です。夜景はManhattanから見るよりもすばらしい。ここはManhattanとの間のフェリー乗り場です。
d0042715_4265298.jpg
フランク・シナトラの生まれた町として有名ですが、初めて野球が行われたとも言われています。
d0042715_427794.jpg
まあ半日もあれば楽しんで帰ってこられる手軽さがいいですね。
[PR]
by neon98 | 2006-05-22 04:38 | 日常・海外生活

I got tax refund!
Refund減額分について文句を言いにIRSに電話。どうせろくな対応されないんだろうと思っていたが、今までで一番丁寧な対応を受け、すぐに追加小切手を送るということで決着。別に普通の対応をしてくれているだけなんだが、妙なことが起こらないだけでも感謝してしまう。アメリカ人の期待値もこの程度と考えると、アメリカで何かビジネスを始めてしまいたくなる気持ちもわからないではない。

渡米当初は本当に電話が嫌いで、多少の質問でもわざわざオフィスまで出かけてみたりしていた。少しイントネーションがずれると聞き取れないという私の言語能力の問題もあるうえ、システムがわからない、オペレーターが出てくるまでひたすら待たされ、かつたらい回しにされることが嫌だというのが主な理由だった。たらい回し現象には、名前を聞く(スペルまで確認)、既にどれだけ待たされたのかをきちんと伝える、上司を呼べ攻撃でほぼ対応できることを覚え、あまりイライラすることが少なくなったような気がする。

ということで、軍資金を得たNEON98は今日も頑張るのであった。
[PR]
by neon98 | 2006-05-17 11:49 | 日常・海外生活

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧