<   2005年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

LAW JOURNAL
ロースクールのLaw Journalメンバーと話す機会を得た。一流ロースクールはほぼ独自のロージャーナルを持ち、いずれも学生により運営されている。一流ローファームのアソシエイトの多くは在学中にロージャーナルの編集に携わっており、就職に相当有利だそうである。教授になったり、LAW CLERKになる際にも重視される経歴である。

彼らは一年生終了時にメンバーに選抜されるために論文を書き、選抜試験をくぐりぬけ、応募論文を審査し、Citationなどをチェックして著者とともに論文をしあげる。ご存知のとおり、アメリカのCitationルールは日本と比較してはるかに複雑かつ厳格であり、引用ミスは学者のみならず、実務家にとっても恥とされるうえ、場合によっては盗作との非難を受けかねない。とはいえ、Citationのチェックは面白い作業でも何でもない。なぜ、彼はメンバーになったのだろうか。
「キャリアのためだよ。知ってると思うけど、ここは非常な学歴社会だ。ローレビューの編集長になり、Law Clerkに採用してもらえば、非常に優秀な層の人脈も築けるし、今後の弁護士としてのキャリアにとってこのうえない名誉になる。正直、毎晩遅くまでこんなことやってられないけど、見たこともない分野の論文をたくさん読む機会に恵まれるし、就職にも有利だ。十分やる価値はある。」
論文を応募する教授陣にとっても一流ロージャーナルに論文を発表することは必要不可欠の作業だから、Applicantも必死だ。でも、何も専門知識のないロースクール生がどうやって選ぶのかというと、やはり基本的には教授のネームバリューとトピックだそうだ。時々実績のない学者の論文をとりあげることもあるが、学生が評価することの難しさもあって、そのような機会はあまり多くはないとのこと。

自由競争社会といいながら、実はキャリアの多くはロースクール選択時に、1L終了時に、そしてロージャーナル応募時に決まっていってしまう。良くも悪くもすさまじい競争社会に彼は生きている。
[PR]
by neon98 | 2005-06-30 03:17 | Law School

真実発見の誘惑
Evidenceを勉強していて裁判に関わるということがどういうことか考えた。刑事であれ、民事であれ、裁判において決断を下すにあたって前提となるのは事実認定であることは言うまでもない。ただ、一方で証拠収集過程において違法行為が許されてはならないことも言うまでもない。違法行為によって収集された事実を証拠として使うと、捜査当局の違法行為を助長することになり、違法収集証拠は排除されるというのが原則論である。ただ、具体的事件の解決をするにあたって、真実発見の誘惑を断ち切るのは相当難しいことだと認識しておいた方がいい。

特に証拠法の発想になれていない人が裁判にかかわらないといけないということが具体的にどういうことなのか、考えていた方がいいと思う。違法捜査がなされたとして、証拠Aは絶対に排除されなければならないとしよう。でも、証拠Bだけで有罪にするべきかどうかあなたは迷っている。わかりやすくするために架空の事例を考えてみよう。
あなたの近所で6歳の女の子Aちゃんが突然いなくなり、皆が総出で探したけれど見つからなかった。数日後、Aちゃんは近くの公園で死体として発見された。死体解剖の結果、性犯罪の兆候が見られる。警察官Bは従前から性犯罪者としてマークしていたXの家を訪問し、令状を得ないまま、Xの不在時に窓から進入し、家宅を捜索した結果、Aちゃんの衣服が押入れから発見された。当該衣服をもとに、Xに自白を迫り、Xは自供した。逮捕後、Xの犯罪事実は(警察官の違法行為の事実を除き)全国に報道された。Xは強姦、殺人、死体遺棄で起訴され、あなたは裁判員としてXの裁判に関与している。Xは法廷で被疑事実を否認し、弁護人からは証拠排除の申立てがなされている。Xが当該犯罪を犯したことは明らかである。Xが無罪になれば、あなたの近所にまた戻ってくるかもしれない。あなたには同じような年頃の女の子がいる。本音をいえばXには刑務所に行ってもらいたい。二度と社会に復帰してもらいたくない。
この問題には正しい答えはないと思っているので、少し考えてみてください。裁判員としてあなたが関わらないといけない事件だと思ったら、どうするだろうか。

(1) Aちゃんの衣服と、Xの自供以外に証拠がない場合、どうしますか。
(2) 警察官Bが家宅侵入をしたのではなく、大家に身分を偽って鍵を借りた場合はどうしますか。Xの親(既に老齢で痴呆症にかかっている)に遠縁の親戚であり、Xに会いにきたと身分を偽って自宅に入れてもらった場合はどうしますか。
(3) 近所の人Dが、Xが事件の数日前に執拗にAちゃんに話しかけている場面を見かけたと証言している場合、どうしますか。
(4) さらにDが、事件の当日XがAちゃんと一緒に歩いているところをみかけたと証言している場合、どうしますか。

法律家としてみた場合にある程度結論は明らかなのかもしれない。でも、娘を持つ親として考えたとすれば私には結論は出せない。
[PR]
by neon98 | 2005-06-27 13:22 | よしなしごと

Unocal Dealにおける国益
In Unocal Bid, U.S. Struggles With China Policies (NY Times)で、Unocalの買収に関するブッシュ政権の動きについて記事がでていた。
With no deal yet agreed to, Treasury Secretary John W. Snow told the Senate Finance Committee on Thursday that the issue remained hypothetical. The White House has avoided substantive comment on the matter.

People inside and outside the administration who are involved in the matter said the White House would do its best to avoid taking a position for a while by referring a deal, if one is completed, to a body known as the Committee on Foreign Investments in the United States, which reviews sensitive acquisitions by companies from abroad on the basis of national security.
当事者間で合意に至っていないHypoにすぎないので、慎重にノーコメントで通しているということのようだ。

アメリカで、政府が一企業の株式取得についてどういう許認可を有しているのか知らないのだけど、Unocal社の場合も、IBMのケースなどと同様に、the Committee on Foreign Investmentsが買収の可否を判断するということらしい。

軍事的な機密が漏れる可能性があるという事例ならわかりやすいけど、本件で政府が守るべき国益と、買収を阻止することにどういう関係があるのだろうか。

国益なるものが原油のアメリカへの安定供給であるとして、買収によって影響があるものなのかどうか。買収によって外国籍の株主に渡ってしまうことがよくないとすれば、そもそも株主上場をすべきなのかどうか、さらにいえば株式会社として運営すべきなのかどうか。採掘権の仕組みと国家の関与の仕方を全く知らないので、考える手がかりもないのだけど、東証と大証が海外投資家に敵対的買収をかけられたらどうだろう。

何が言いたいかというと、
(1)エネルギーなどの公共性のある分野での海外投資家による買収規制は一見最もらしいけど、公共性があるからといって海外投資家による買収を規制する理由にはならない
(2)中国側は雇用の維持と米国への安定供給を約束しており、国益に反することは一見起こりそうにない
(3)単に外国人は国益に反して動く可能性がある(アメリカ人だってそうだ。)という理由はPoliticallyにCorrectじゃないので、口が裂けてもそんなことはいえない
(4)かといって、エネルギー政策の重要性からすると、考え方も文化も違う投資家にControlを握られるのは気持ち悪いね(でも、公式にはいえないね)
という感じでブッシュ政権が悩んでいるのがわかる(ような気がする)のです。

ということで、結論。ブッシュ政権はノーコメントのまま、(あらゆる圧力をかけ?)Unocalの経営陣が中国サイドからの申し入れを断るのを待っている。
[PR]
by neon98 | 2005-06-26 11:22 | M&A

Manhattan
d0042715_7573950.jpg

[PR]
by neon98 | 2005-06-25 07:57 | Photo

LLMとは?
今日友人と話をしていて、また永遠の謎を思い出した。LLMをもう卒業してしまって、今さら非常に恥ずかしいんですけど、どなたかご存じだったら教えてください。
LLMって何の略なの?
英語ではMaster of Lawとか表記されるけど、ラテン語から来ているらしい。英辞郎でひいてもでてこない。英米法辞典では、法学修士としかでてこない。
数十人に聞いたけど、誰も知らない。MCLだと、Master of Comparative Lawと英語なんですけどね。

(追記)
回答をNY lawyerさんのBlogで発見した。Legum Magisterというらしい。
LL.M. is Latin for Legum Magister, which means Master of Laws. In Latin, the plural form of a word is abbreviated by repeating the letter. Hence "LL." is short for Laws. Legum is the possessive plural form of the Latin word lex, which means "specific laws". When used in the plural, it signifies a specific body of laws, as opposed to the general collective concept embodied in the word jus, from which the word juris and the modern English word "justice" are derived.
ということらしい。
[PR]
by neon98 | 2005-06-24 09:01 | Law School

Chinese Oil Giant in Takeover Bid for U.S. Corporation
Chinese Oil Giant in Takeover Bid for U.S. Corporation(NY Times)
かの有名なUNOCAL社がChevronへの売却を決めて以来、やはり動きがありました。
CNOOC's all-cash offer values Unocal at $67 a share. Chevron's cash and stock offer values Unocal at $61.26 a share, based on Chevron's closing price on Wednesday of $58.27 a share. Shares of Unocal jumped 2.2 percent, to $64.85, as investors anticipated CNOOC's higher bid.

In CNOOC's letter to Unocal, it went to great lengths to say that its bid was friendly, despite being unsolicited. "This friendly, all-cash proposal is a superior offer for Unocal shareholders," wrote CNOOC's chairman and chief executive, Fu Chengyu.
自らがグリーンメーラーからの企業防衛で採用した防衛策により確立したUnocal基準が再び彼らに適用されることになるんですね(Unocalが防衛策を維持するか、採用することを前提として)。Revlonが適用されるかどうかは、Chevron社との契約により会社が売りに出されたのか、またChange of Controlがあるのかを見てみないとわかりませんが、StockとCashの混合ディールでUnocalが上場会社であることを考えると普通は適用されないと考えるんでしょうね(もちろん詳しくみないとわかりませんが。)。ただ、裁判所がに持ち込まれた際に裁判所がいずれの基準を用いるにしても、価格一本勝負ということにならないことは明確です。
Even though CNOOC's offer is worth $1.5 billion more than Chevron's, some shareholders could still decide that the regulatory review process and the time required to complete a deal with CNOOC would pose too great a risk, given the size of the offer.
To succeed, CNOOC will have to persuade Unocal's shareholders to vote against their deal with Chevron. The new deal would then face a shareholder vote.

Chevron, which could raise its bid to counter CNOOC, is racing to complete its deal and submit it to a shareholder vote as early as August. The company made no specific comment on the Chinese offer.
中国側にも有力な米国の投資銀行がついており、どういう作戦にでてくるのかわかりませんが、ことがエネルギー政策を巻き込んだものであるだけに政治の介入を招かざるを得ないのでしょう。
Trying to assuage concerns of some in Washington, CNOOC pledged to continue Unocal's practice of selling all of the oil and gas produced in the United States back to customers in the United States. The company also said it would retain substantially all of Unocal's employees in the United States.
とあるように、中国側もワシントンの出方を非常に気にしているところで、本当は裁判所に持ち込んで正々堂々と争ってほしいところですが、政府筋との関係で中国側がどうでてくるのか、楽しみです。Bush政権が黙ってみているとは思えないもので(笑)。

さて、お勉強しないと…。

(追記)47thさんのところで、既にエントリがなされているのを発見したのでトラックバック。既に買収の観測がでていたんですね。
[PR]
by neon98 | 2005-06-24 00:44 | M&A

合格(予定)体験記(3)
6月末のMBE模擬試験までの予定を立てていたが、到底間に合いそうにない。問題演習一日50問の計画は時々しか実行できず、ノートの整理などに追われる。当初計画では、6月中にBARBRIのIntermediateとPMBRの赤本を終えることだったけど、修正を余儀なくされた。今日明日で頑張って数日の遅れを取り戻す予定で、予定を組みなおす。MBE科目以外は他人のノートをほぼそのまま利用することに決定。その分問題演習に時間を割こうと思う。

Evidenceの講義の真っ最中。陪審制の国らしく、原則として直接関連性(Relevancy)のない証拠は排除したうえで個別に例外規定をおいている。責任保険の証拠が原則排除されるなど、陪審に悪影響を与えないようにそれなりの配慮がされているんですね。

今からEssayのAssignmentに取り組みます。
P.S. まともにネタを考える気力がないので、しばらく書くとしてもこんな感想めいたことばかり続く予定。
[PR]
by neon98 | 2005-06-23 05:36 | NYBar・BarBri

今日のお勉強
早くも暗記中心の勉強に飽きはじめている自分に気がつく。BarBriのIntermediateーContractを終える。授業聞いてわかっていたつもりが、細かいルールを理解しきれていない。
反省をして、しばらくネタは何も考えなくてすむBarBri限定(書かずに勉強せえというのが一番正しい。)。
[PR]
by neon98 | 2005-06-19 04:44 | NYBar・BarBri

S-O法は企業不正を防げるか
Tyco's Ex-Chief and Top Aide Are Convicted of Grand Larceny.

Tycoの旧経営陣の「横領」に対する有罪判決がされたのを契機にして少し思うこと。(注)LarcenyはCommon Law上、窃盗に相当する犯罪だが、NY法上は窃盗、横領などの財産犯を広く含む(出典はBarBriにより得た浅い知識)。

サーベンス・オクスレー法制定の直接の契機はエンロンの破綻に伴うものだろうが、その後発覚した一連の企業不正事件(Tycoをふくむ)の影響も大きい。こういう不祥事は、例外的な「腐ったりんご」なのか、システム上の欠陥に基づくものなのだろうか。

Tycoがエンロンと明らかに違うのは、エンロンがストラクチャード・ファイナンスを巧みに利用した会計不祥事の色彩が強いのに対し、Tycoは会社の財産を私物化した典型的な犯罪であること。
ちょっと考えがまとまっていないけど、S-O法の評価をめぐる文献を幾つか(受験終了後に)読んでみたいと思っている。でも、少なくとも、こういう古典的な犯罪の領域って、規制を強化したからどうなるというものでもないような気がする。独立取締役がいれば大丈夫とかいう議論と違うんだろうね。

P.S. $2millionの誕生日プレゼントって何だろう。
[PR]
by neon98 | 2005-06-18 11:30 | Corporate Governance

組織のおはなしと経営者の役割
組織のおはなしを読んで。

会社勤めをしていた頃、組織論について一度書いてみたいと思っていたので、いい機会だ。

いつも通り大雑把な議論ではあるけれども、弁護士事務所は、多くはばらばらな個人の集まりが便宜のために集まって仕事をしていて、嫌になったら集団であることをやめようねという暗黙の合意がある(と個人的には思っている。)。そういう意味では単なる職人さんの集まりみたいなところがある。(少なくとも私の周囲には)会社に入るのが嫌やから弁護士になったんや、みたいな人が多いのである。よほど大規模なところを除き、総務部とか、人事部とか当然ない。また、個人がバラバラに仕事しているので、気になるのは顧客との関係だけで、ボスと多少仲良くなくても仕事をきっちりしている限り特に問題がない。職業柄(ある程度礼儀をわきまえることを条件として)ボスと言い合ったところで特に関係が悪化したりすることは少ない。はっきりしているのは「稼がないと食っていけない。」ということであり、行動原理がシンプルだ。

私はどちらかというと、会社勤めが嫌やから弁護士になったというタイプなので、必然的に「組織性悪説」に立つ。この文脈でいうと「組織」は組織の中の一部組織を指す。総務部であっても、○○委員会であっても、子会社であってもよい。

複数部署から依頼者が来て、弁護士事務所での会議中に喧嘩をされることが実際よくある。こちらとしてはどちらの味方というわけにはいかないので、「会社」という見えにくい「組織」を想定して法律論に限定して回答をするわけだが、依頼者の意向がわからないとどうにも回答しにくい。彼らにとって「組織」というのは企業ではなく、「○○部」であって、意思決定権者は取締役会ではなくて「○○部長」である。「会社としてはどうされたいんですか。」という質問はこちらにとって至極もっともだけど、彼らにとって意味をなさない。当然だが彼らは会社の意思決定機関ではないし、直近の上司の意思決定に従って動かざるを得ないのだ。その意味では、彼らにとって「組織」というのは抽象的な存在としての法人ではない。

部門ごとに利害関係と考え方が異なるのは当然だし、内部での利害衝突はあって然るべきなのだが、問題は部門の利益が全体の利益と合致しない場合が生じがちなことである。会社を部門ごとに区別することはもちろん必要なのだろうけど、経営者には部門という「組織」の利益を会社という「組織」の利益と合致させる難題がふりかかる。

1. 組織は構成員とは別の「生き物」である。

構成員には、指示される人と指示をする人が大雑把に分けて存在するわけだが、仮に全ての構成員がインセンティブをもって真面目に働いたとしても、目標の与え方が間違っていると機能しない。従業員としてはの目標の与えられ方は抽象的には企業の業績向上であったりするわけだが、より具体的には「コンプライアンスの遵守」であったり、「給与体系の整備」であったり、「顧客獲得」であったりする。これは目標と指示の与えられ方によるわけで、より内部的には「○○部の権益の維持」「○○部長のご機嫌を損ねないこと」になっちゃったりする。

2.組織は自己増殖する。

内部者は当然ながらその役割を否定しない。組織に割り当てられた役割を果たし終えた場合、生き残りをかけてその組織の使命を変えていく。

3.仕事があるから組織があるわけじゃなく、組織があるから仕事が作られる。

意思決定システムが一つ存在するとする。会社法的には重要な意思決定は取締役会だけれども、実際にはもっと複雑で事前交渉が多く必要とされる。決済資料をたくさん作成しないといけない。会議資料を準備して、出席しないといけない。会議の場で結論がだされず、次の会議に持ち越される。他部署を巻き込み、調整がなされる。うーん、実際やってみるとうんざりするんだろうなあ。

さてさて、ネガティブで、ステレオタイプな展開になったけれど、末端の構成員としては与えられた目標に向かって努力するしかないわけで、多くは経営者サイドの問題なのだろうと思う。個人的にはマネージメントの仕事は意思決定の仕事もさることながら、皆が気分よく働ける環境を作ることがほとんどじゃないのかと思う。

例えば、MBAで学ぶことがどれだけ経営学として役立つのかよくわからないけれど、リーダーシップみたいな科目が現実にコミュニケーションツールとして役立つのならすごく面白そうだなあと思う。従来、経営者の才覚とか人徳とかでしか説明されてこなかったものが、ケースを通じて多くの人に共有されるのか、単なる教科書のうえでの知識にとどまるのか、学ぶ人次第なのかもしれない。ロースクールで学ぶよりもきっとずっと抽象的なツールなんだろうけど、本気で実践しようとすればずっと面白いだろう。
[PR]
by neon98 | 2005-06-17 12:54 | よしなしごと

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧