<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

で、一体何が悪かったのでしょう?
福井総裁の村上ファンドへの投資という一件については既にBewaadさん47thさんのエントリで言い尽くされている面があるので、恐縮ですが。

立花隆さんがメディア ソシオ=ポリティクスで福井総裁「利殖の構図」村上ファンド事件とは何かという記事を書いておられる。政治・外交ものや歴史ものに関していうと、この人の文章は読みがいがあるのだが、経済絡みのことになるといつもあちゃーという記事が多い。今回も期待通り。6月26日発売の「週刊現代」の記事「これが疑惑の総裁福井俊彦と『村上ファンド』の<秘>契約書だ!」を私はむろん入手していないのでなんとも言えない部分はあるのだが、どうも彼は閉ざされた特権的な人脈を問題にしているらしい。
驚くべきことには、同誌は福井総裁と村上ファンドの間の契約書を、一般には外部に出てこない「サイドレター」形式の秘密契約部分まで含めて入手し、それを詳細に分析した上で、これまでのこの問題に関する福井総裁の釈明発言がウソばかりであったことを暴いている。

たとえば、そもそも福井総裁がなぜ村上ファンドに投資したのかというその意図の説明だ。福井総裁は、それは金儲けが目的だったわけではなくて、日本の資本主義をもっと健全なものにするために、株主の権利をもっと拡充すべきだとする村上の主張に共鳴したためだとしていた。しかし、その投資がもっぱらキャピタルゲインを目的とするものであることが契約書に明記されている上、目標とする利回りが年25%というとてつもない額であったことが、サイドレターにちゃんと記されていたのである。

福井総裁の実際に得た収益は、年25%までいかず、年17%〜18%にとどまっていたことが明らかにされているが、一般庶民は銀行にどんなに預金しても、年1%(あるいはそれ以下)にしかならないゼロ金利時代である。17〜18%でも庶民にとっては夢のような金利である。

そのような特別契約を、ゼロ金利時代の演出者にして管理者であった日銀総裁が、特別の金融業者と秘密裏に結んでいたとあっては、神崎発言にあった通り、「庶民感情としては納得できないものがある」といわなければならない。
東大生の教養のなさを嘆くような人が投資時点の年利だけを問題にされるのはどういうことか。日銀総裁の地位を利用してめったに購入できない安全かつ高利回りの金融商品を購入したとでもいうのだろうか。当然に値上がりする未公開株を配ったリクルート事件じゃあるまいし、投資時点での村上ファンドのトラックレコードがどれほどであったというのか。「金儲けが目的ではない」という総裁の発言は言葉のあやであろうが、高い投資利回りを目標に掲げることと、「日本の資本主義をもっと健全なものにするために、株主の権利をもっと拡充すべきだとする村上の主張に共鳴」とは両立するものである。あるビジネスの初期は常に閉ざされた人脈の中で発生するものではないのか。いきなり村上ファンドが庶民相手に公募で資金を募集すべきだったとでもいうのだろうか(^o^)。実現可能とは思わないが、できたとしてもその方がよほど問題だろうに。
日銀総裁といえば、総理大臣や最高裁長官と並ぶような国家最高の公人である。それが国家が財政的に破綻に瀕しているときに、私利私欲を満たすことを主目的として行動していたことがあると知れただけでも大問題(後略)
日本においては公職にあるものは金融商品を購入してはいけないらしい。Orz
最近のニュースを見ていると、年金、医療などで、国民負担がさらにふやされ、消費税率アップなど増税は目の前、その一方で社会福祉制度の一方的給付水準切り下げなどが予想され、小泉改革による格差社会化はこれからもどんどんひどくなりそうである。その格差社会の中心部で、一部のウハウハ階級がさらにウハウハできるスキームが進行していたというのが、村上ファンド事件の本質ではないか。
と言われるが、無理やり格差社会と結びつける必要はないわけで。何か問題らしきことが起こるたびに大衆受けのするよくわからない論理をふりかざし、ウハウハ意味のない突撃取材を繰り返しながら、一部の人しかウハウハできないような格差のない記事を書き連ねるのがマスメディアの本質ではないか(^-^)。(新たな絵文字をマスターしようとしてたりする今日この頃。実は絵文字ってあまり理解せずに読み飛ばしていたりする・・・。)
[PR]
by neon98 | 2006-06-29 03:36 | LEGAL(General)

9泊10日西海岸を巡る旅
なんだか本当に忙しい。研修生活、常に忙しいわけではないのだが、もうほとんど終わりの時期なのにクロージング間近でDocumentationが間に合わない。OPT期限の関係で就労期限は延ばせないけれど、オフィスやらLLM時代の友人やらの関係でランチや飲み会は続く・・・。帰宅するとMoving Saleに出したものの問い合わせやらに加え、帰国後のアパート探しやら子供の幼稚園探しやら・・・。

それでも行かぬわけにはいくまい!ということで、初の西海岸への旅行を計画し、ストップオーバーで10日間滞在予定。Lat37nさん、Mさんのところで旅行のための情報収集など少し。訪問先としてToast Mastersラーメンさん太は外せないなどという冗談はさておき、ジモティ情報を検討させてもらおう。

サンフランシスコからロスまで海岸線をのんびり下り、サンディエゴでシーワールドへ、それからデスバレー、ヨセミテを訪問し、ナパORソノマでお土産用のワインをしこたま買い込んで、再びサンフランシスコから帰国という戦略だが如何に?ロスまで行かずにもう少し近場で面白いものがあればそれはそれで可なのだが。どこかお薦めの場所ありません?
[PR]
by neon98 | 2006-06-28 14:18 | よしなしごと

日本の法化社会とリーガルエリート市場(下)
4. 給与・雇用データ

著者らは、エリート弁護士の給与は増加し、エリート官僚の生涯給与(天下り後の給与含む)は低下している、とする(この部分、丁寧に書こうと思ったのだが、アメリカの弁護士の収入と比較みたいな分析が多いので、悲しくなりそうだし、やめとこう…。)。

5. 結論

著者らは、ここまでのデータで、法曹界はますますリーガルエリートの受け皿となっていき、報酬もあがりつつあるのに対し、官僚はその逆であると主張する。(雇用市場との明確な因果関係や、個人が社会変化を意識して職業選択を行っているかどうかはともかくとして)金融・通信分野に代表される規制緩和(新金融商品・M&Aの新手法などが弁護士業との関わりのある典型的なものである)や、規制緩和により生じるリーガルリスクへの対応として、弁護士の活躍分野が増えたとする。そして、この日本での経験からいえることは、(1)日本は従来のような官僚機構による事前統制国家ではないということ、(2)弁護士の役割によって経済成長が促進または阻害されるという単純な見方は受け入れられないことの2点であるとする。

一般論として規制緩和が進んできたことと、弁護士の活躍分野が増えたきたことは実感できるので敢えてその点に反論するつもりはないのだが、批判めいた感想を言ってしまうとどうも「法化社会」というステレオタイプの議論にのっかってしまったせいか、議論が荒い気がしないではない。一度試験勉強をはじめてしまえば、国家一種試験法律職と司法試験というものはある程度互換性があるとはいえ、まずこの2者が択一的に選択される職業なのだろうかという点に疑問がないではない。筆者らはこの点をインタビューにより択一的に選択されるとしてしまっているが、その対象学生が所属するセクターによっては偏った結果をもたらすだろう。また、受験者・合格者数の推移というものは、各年代人口推移、将来の合否見通し(法科大学院の設置、新司法試験、丙案など)や、またビジネスセクターの景気動向にも左右されるものであり、著者らが主張するほど国家一種から司法試験への推移が強く認められるかどうかはよくわからない(ましては因果関係はもっと分析が難しい。)。まあこの手の分析に因果関係の証明を求めるのがそもそもナンセンスという話もあるので、代替案の指摘をすることなく、批判的にのみ検討するのもどうかとは思うのだが…。

その中でわりと明確なのは、東大生の国家一種試験離れの傾向である。あの給与であれだけ働いて…というマイナス面を考慮すると、私にはあまり魅力的な職場にはみえないので、そもそも過去の東大生がなぜさほど国家一種試験に殺到したのかを分析した方が面白いかもしれない(個人の趣向の話で他意はありませんので気を悪くなされぬようお願いします。)。やりがい、権力志向、退職後の収入…まあ人それぞれなのだろうけれど。
[PR]
by neon98 | 2006-06-27 07:56 | LEGAL(General)

アメリカの内なる文化戦争
近藤健『アメリカの内なる文化戦争ーなぜブッシュは再選されたか』(日本評論社)。2004年アメリカ大統領選挙は、オハイオで選挙人を獲得したブッシュ陣営が勝利した。当時の雰囲気からいうと「ブッシュを支持するか、ケリーを支持するか」ではなく、「ブッシュ支持か、反ブッシュか」であってケリー候補そのものがもう一つリーダーとしての魅力に欠けると言われた。そもそも論においては、好景気下において現職大統領に勝つということは至難の技である。しかし、おそらく多くの留学生が住んでいる地域は都市部・東海岸OR西海岸における民主党が基盤とする地域であり、教授や学生の「ブッシュ嫌い度」からするとなぜブッシュが再選されたのかがどうにも私には理解できなかった。

共和党と宗教右派・ネオコンと呼ばれる階層とのつながりというのは当時日本でもよく報道されており、有名な話ではある。現在の両党の文化的支持基盤および地域基盤というものを考えるにつれ、建国当時から共和党は南部に、民主党は北部に、比較的強い基盤を有していたものだと思い込んでいたのだが、アメリカ憲法史なるものの書物を読むにつれその大前提が間違っていることに気がついた。私が知りたいと思ったのは、ニューディール時代以降万年野党であった共和党が与党となっていく過程と、民主党が南部での支持基盤を失っていく過程であり、今まで読んだどの本もこの点を分析したものはなかったが、この本は私の疑問に応えてくれる貴重な本である。

妊娠中絶・同性愛・人胚性幹細胞研究に対する「道徳的価値」に対する相対性(他者の価値観に対する寛容性と言い換えてもよい)が選挙の争点になる先進国は珍しく、ある意味ではイスラム教的価値観の国との対立軸といえるアメリカは非常に面白い存在である。連邦最高裁の微妙なバランスが崩れ、「文化戦争」なるものがどのような結末を迎えていくのかは今後の課題であるが、その背景として是非一読しておくべき本であるように思われた。
[PR]
by neon98 | 2006-06-24 14:19 | 読書・映画等

残念ながら・・・
残念ながら日本代表は予選で姿を消してしまいました。先取点で夢を見させてくれたまではよかったのですが、しょうがないです。初戦で全てが決まったといえばその通りでしょう。ブラジルの一点目と二点目とは防げたような気はしますが、一点目に中澤のポジショニングを責めるのはよしとして、二点目に川口を責めるのは(これまでの活躍からして)少し酷なような気がします。神風が吹くのも彼のプレースタイルであれば、時に凡ミスがあるのも彼のプレースタイルであり、ジーコはそれを承知で彼に期待しているわけですから。

正直にいうと、予選での最下位という結果は予想通りでした。実力に比べて要求度が高すぎるという点にも選手の苦労があろうというもので、日本は当然決勝に進出できるというレベルにはありません。個人的には的確な現状認識から未来の日本サッカー界を考えていってほしいものだと思います。

考えてみれば、まだまだ日本サッカー界はスタートラインに着いたばかり。過剰な期待を抱くことなく、現状の日本代表を暖かく見守る姿勢こそ必要かと思うところでして、成田空港での選手への虐待などもってのほかであるということでしょう。妊婦と言われながらもおいしいポジション取りをしてきちんと2ゴールを決めたロナウドは偉かったです。

日本代表の皆様、とにかくお疲れさまでした。今の悔しい気持ちもきっと明日につながる・・・と思おう。
[PR]
by neon98 | 2006-06-23 06:25 | よしなしごと

State Competition Theory
研修での仕事やら、撤退準備やらで少しバタバタしているのだが、頭の中に残っているものを後に残しておく意味で読んだ文献のことなどを少し整理しておこうと思う。自分向けのメモに等しいので、ややわかりにくい点があるやもしれないがその点はお許しいただきたい。シリーズ 日本のCorporate Governanceを考える(4)―ガバナンスモデルの多様性というところで少し触れたことのあるState Competition Theoryについて、State competition for trusts (Ideolog)というエントリがなされている。

遺言信託として使用されるDynasty Trust (100年以上継続する半永久的な信託)に関して、Rule against perpetuities (永続する信託等を無効とする法理ーBARBRIで習います。)を制限して安定的な遺言信託がなされるようにしたり、各州の間でより良い制度を競いあっているという話で、アメリカの信託制度に詳しくない私にはこれ以上突っ込みようがないのだが、面白いのはどういう原理で州間の競争原理が働いているのかという仮説である。

以下、引用するようにRibstein教授は州間競争の原理はfranchise fees or taxesではなく、local business(大部分は弁護士業)であるとしている(立法者としての弁護士がビジネス主体としての弁護士業を拡大・保護するという原理であろう)。
The best academic work on the competition for trust funds is Sitkoff & Schanzenbach’s path-breaking study. As I've discussed, the work interests me in demonstrating that the real driver of state legal competition is not franchise fees or taxes, but the interests of local businesses, predominately lawyers, an I idea I first discussed in Delaware, Lawyers and Choice of Law, 19 Delaware Journal of Corporate Law 999 (1994). Lawyers compete for clients by maintaining the law of the state in which they are licensed. I proposed this as a rationale for lawyer licensing in Lawyers as Lawmakers: A Theory of Lawyer Licensing, 69 Mo. L. Rev. 299 (2004).
会社法の世界でも州間競争という議論はよくなされており、デラウェア州法がなぜ優位にたったのかという議論はよくある。いわゆるRace to the topとかRace to the bottomという議論である。ただ、Mark J. Roe, Delaware's Competition, 117 Harv. L. Rev. 588 (2003)は、州間の競争というよりはデラウェア州法と連邦法とのせめぎ合いととらえていて、会社法の領域でデラウェア州法が連邦政府の意向を無視してしまうと証券法などの分野での改正により事実上デラウェア会社法が改正されてしまうという主張をしており、SOX移行の動きをみている限り、この主張は的を得ているように思われる。なお、同じ著者による同趣旨の論文として、Delaware's Politicsというものがあるので、興味があればご参照されたい。
[PR]
by neon98 | 2006-06-23 00:48 | LEGAL(General)

日本の法化社会とリーガルエリート市場(上)
「法化社会」という用語はそれ自体では意味不明なのであまり好きではないのだが、ググッてみてもわりとよく利用されているのでこの語をあてることにした。今日の話は、行政による裁量的な支配から法による支配が優位に立つこととなり、リーガルエリートたちの市場がどうなったのかという話である。今日とりあげるのは、Curtis J. Milhaupt and Mark D. West, Law’s Dominion and the Market for Legal Elites in Japan (June 14, 2002)という日本法についての論文では毎度おなじみのお2人による論文である。

米国において従来から存在する議論として、弁護士とはTransaction Costを生むだけの存在であり、経済にとってその存在は望ましくないというものがある。なんとも牧歌的な議論であるが、1985年に13,000人以下であった日本の弁護士数と当時の日本経済発展とが「弁護士=害悪」という論争の一証拠(“EXHIBIT A”)としてあげられていたそうである。弁護士過多を害悪とみなす考え方は法の存在そのものを敵視することが多く、法化社会における事後規制のあり方よりも行政を中心として事前規制型の方が優れているのではないかという主張につながることも多かった(注:これらの主張の解説はP6からはじまり、弁護士が経済発展のお荷物であると論じる主張を丁寧に説明しているので、興味のある方はご覧いただきたい。)現在では日本経済がバブル崩壊以降低迷しつづけたこともあり、そのような見方は後退している。

著者らは、規制緩和、行政裁量の限定、リーガルサービスへの需要拡大を受け、法と弁護士らの経済成長への影響と日本経済のガバナンスに対する官僚の役割という2点にあらためて焦点をあてる。その中核となる主張は、
透明かつ法に基づいたガバナンス機構への移行を反映した法機関と政治経済の変化を主要な原因としてリーガルエリートたちの雇用パターンが変化している
というものである。事前規制型から事後規制型への移行とそれに伴ってエリート官僚を目指すエリート法学生が減少し、エリート弁護士を目指すようになったという主張を検証しようという論文である。東大法学部卒業生に限定した話ではもちろんないが、もともと官僚層を目指す学生が多いという点では東大法学部卒業生を対象として想定してもらうのが一番わかりやすい。

1. 受験者数・合格者数・就業者数からの分析

著者らはまずエリート法学生の選択は官僚か法律専門職の二者択一であると単純化したうえで、国家一種試験と司法試験の受験者数・合格者数・就業者数のデータから就業構造の変化を調査し、エリート法学生が官僚よりも法律専門職へと向かっているという仮説を検証する。
・司法試験受験者数はバブル経済の影響を受けて減少した80年代を除き、概ね継続的に増加傾向にある。司法試験合格者数は80年代までの間はほぼ一定に据え置かれ、90年代に入ってから増加傾向にある。
・国家一種試験受験者数は景気動向を受けて増減するものの長期的なトレンドは見えない。仮に長期的なトレンドとして減少傾向にあるとした場合であってもその原因は合格率の低下ではない。国家一種試験合格者数は1998年に減少するもののそれ以降の数年は増加傾向にある。
・1999年までのデータをみてみると国家一種試験合格者数とエリート官庁就業者数も減少傾向にあり、長期的に就業者/合格者の割合が低下している。この割合の低下が国家一種試験離れの原因となっているとも考えうるが、現行の受験者の一部のヒアリングによると彼らはそのような意識を有していない。
・官僚機構自体が人材離れを受け止め、弁護士法の改正による弁護士の官庁への出向、国家公務員試験の合格者倍増、法科大学院卒業者への国会公務員試験合格者資格の付与など、優秀な法学生を惹きつける対策をしている。
2. 大学別データの分析

著者らはこれらのデータのみでは必ずしも法学生の職業選択傾向は明らかではないとして、両試験において受験者・合格者の比率が極めて高い一部大学のデータを抽出する。
・東大における司法試験合格者・司法研修所入所者の推移は全国的な傾向と合致して増加傾向にあるのに対して、国家一種試験合格者・官庁就業者数は全国的な傾向にもまして減少傾向にある。すなわち、東大生の官庁離れが著しく進んでいる。
・東大生の官庁離れが特定の大学卒業者に対する採用基準(東大生ばかりを採用するという批判に対する反作用)を反映しているかどうかを確認したところ、99年からの3年間にかけて合格者数に対する東大生採用数の割合は増加しており、採用側の東大生に対する逆選好は生じていない。
・同じくエリート大学である京大においてもほぼ同様の傾向がみられる。
3. その他関連データ
・いわゆるダブル合格者は従来官庁に入り、よほどのことがない限り退職することはなかった(注:司法研修所⇒官庁というルートは官庁側の採用基準に合致しないので選択されにくい。)が、最近では官庁を退職して弁護士事務所に勤務する例が増えている
・司法書士・法務部所属従業員数が増加している。
(次回へ続く)
[PR]
by neon98 | 2006-06-22 07:55 | Law School

小次郎の夏
深刻なゴール不足に悩むジーコ監督はブラジル戦にわずかに残されたチャンスに賭けるために、ACレッジアーナにレンタル移籍中の日向小次郎(選手名鑑)を緊急招集することにした。ジーコ監督は、
彼の横暴なスタイルは私の好むものではないが、シュートの打ち方を忘れた柳沢に代わって、わがままな日本人としてゴールへの嗅覚を見せてくれるのは彼しかいないと判断した。もう一人、久保嘉晴()がこの世を去っていなければ高原も下げられるのだが・・・
とコメントした。

作者の高橋陽一氏は、以下のようなコメントを発表した。
「中盤を制するものは世界を制す」という格言に従い、僕の漫画には中盤に大空翼、岬太郎、三杉淳など多くのスタープレイヤーが登場します。現在の日本代表をみると私の漫画が如何に影響力を持って社会に浸透してきたかを実感します。ようやくここまで来たかという思いはありますが、これから先日本のサッカー界が世界に羽ばたいていくためには、「我侭なFW」を育てる必要があり、そのために日向小次郎に焦点をあてた「小次郎の夏」というコミックを緊急出版することにしました。
ブラジル陣営は、走れないデブを休ませることで小次郎を加えた日本陣営を向かえうつ。ブラジルのパレイラ監督は、「これでやっとハンデなしで闘える。ハンデなしのカナリア軍団にとって小次郎など敵ではない。」とのコメントを発表した。緊急招集に応じ、ドイツへ旅立った日向小次郎は「うるさい。新聞記者にコメントしている暇はない。お前たちに新聞配達で苦労した俺の気持ちがわかるか。」とコメントした。
[PR]
by neon98 | 2006-06-20 00:14 | よしなしごと

帰国準備あれこれ
今日は持って帰る荷物と売却する荷物との仕分けに追われつつも、イタリアとアメリカの試合をTV観戦。イタリアの一点先取までは予想通りの美しい展開だったのだけれど、すぐに自殺点で同点にされ、その一分後には流血のエルボーでイタリア一人退場。ゲッと思いながらも、これくらいがハンデとして丁度いいだろうと思っていたら、今度はアメリカが一人、二人と退場。10人対9人という激しい試合だったが、イタリアが攻めきれず、同点で終了。オフサイドとられまくりでストレスフルな攻撃でした。

娘と2人でMoving Saleのチラシを貼りにミツワに買い物にでかけたら、最近覚えたわけのわからないスペイン語で周囲に話しかけるのに閉口。スペイン語で1から5まで数えられるようになったのはいいものの、ずっと"Everybody, cinco(シンコ;スペイン語で5の意味)! Everybody cinco!"と叫んでいた。全然意味わかんないし(笑)。静かにしなさいと言ったら、今度は「パパ、とうもころし、買おうよ!」と言って周囲の爆笑を買う。ミツワ、日本語通じるんですけど・・・。何度教えても「とうも殺し」になる。

既にあらゆる貯金を使い果たし、帰国費用やら帰国後の新居準備やらの費用の調達をすべき身分なので、無事手持ちの家具や車が売れればいいのだけれど・・・。
[PR]
by neon98 | 2006-06-18 15:19 | よしなしごと

「突然の死」か
私の好きな沢木耕太郎さんがNikkeiにワールドカップ街道というエッセイを書いておられるので、ここにリンクを貼っておく。

(6/11)創意が「規律」の壁破るとき
(6/16)道を開く「戦う理由」
これまで日本がワールドカップで敗れた4試合は、どれも僅差(きんさ)であり、どちらかと言えば判定負け風の「緩やかな死」だった。ワールドカップにおいては、1点差にどれほどの力の差が潜んでいるかということはある。しかし、表面上は、どの試合も挽回(ばんかい)が不可能とは思えない展開だった。ところが、このオーストラリア戦の敗北は、鮮やかなワン・ツー・パンチを浴びてのノックアウト負け、「突然の死(サドン・デス)」だった。そして、それは私たちがワールドカップで初めて目撃する日本代表の無残な負け方だったのだ。
敢えて沢木耕太郎風に感想を述べるとこうなろうか。残念ながら多くの日本サッカーファンにとってこの敗戦は「突然の死」とはいえない。この4年間の闘いぶりから、そしてその間のジーコの発言から予選敗退という結果が危ぶまれていたし、選手に自由を与えることとチームとしての闘い方に何らの方向性も与えないことは違うのだということに多くのファンは気づいていた。私にはこの敗戦は早急に手術が必要なのに何も対策をとらなかったことを悔やまざるを得ない『予想された死』のように思えてならない。

闘うべき選手たちが一番理解しているであろう。国を背負って闘うのではなく、自分を背負って闘うことの重さを。
東欧圏やアフリカ圏のいくつかの国のように、国家や国民を「戦う理由」にすることはできないかもしれない。それなら、自分自身のためでもいい。この大会を自分の悪夢としないために、いやなにより自分の限界を打ち破る契機をつかむために、まずクロアチア戦を全力で戦ってほしいと思う。そのとき「死にもの狂い」というクラシカルな表現が当てはまるような姿を見せることができれば、オーストラリア戦でのノックアウト劇の打撃から立ち直ることができるだろう。私たちも、そして選手たちも。
日曜朝9時(EST)ABCにて放映。
[PR]
by neon98 | 2006-06-17 00:31 | よしなしごと

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧