<   2006年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

それも含めて「欠陥」というのではないか?
エレベーター事故:ブレーキ不良放置 保守業者(毎日)
事故機は、ブレーキが利きにくくなっていたことが分かっていたが、ブレーキパッドにずれが生じ、モーター軸のドラム(円筒)を十分に締め付けられない状態だったことが、同課の検証で新たに判明した。さらに、ブレーキ部品に付いているナットの締め具合が甘いなどの問題も見つかった。
エス社は今年4月にエレベーターの保守点検を受注した。4月13日に初めて点検をした際、この社員は機械室にある巻き上げ機などを目視でチェックする作業にあたったが、「巻き上げ機のブレーキに付いているナットの位置がおかしいと思った。しかしシンドラーエレベータ社製の機械を扱ったことがなかったので、どうしていいか分からず、そのままにしていた」と話している。
こういう報道があるようで、事実とすれば保守業者の責任は逃れようがないように思いますが、それだけで片付けるにはまだ早すぎます。製造業者として適切な保守管理がなされるようにマニュアルなり製品使用方法の表示なりを適切にしていたのかという問題(表示上の瑕疵)と、一定の保守ミスがありうることを前提に製品設計をすべきではないのかという問題(製品欠陥)とがありえます。
東京都港区のエレベーター死亡事故で、シンドラーエレベータは14日、扉が開いたままかごが動いた同種の故障が事故機以外に国内の4基で6件あったことを明らかにした。いずれも96~97年ごろに設置され、事故機と同タイプの制御盤を使っており、同社は制御盤に問題がなかったか改めて調べている。警視庁もブレーキの故障とともに、制御盤の不具合が事故につながった可能性を含め、捜査している。(Asahi
という報道もあるように、制御版の不具合の可能性もありますし、そもそも製品設計の際には一定の故障があったとしても人命に影響がないように二重三重の安全装置をつけるべきではないのかという気もします。可能性としては、ブレーキバッドが磨耗した程度で人身事故が起こること自体が欠陥だとされる場合もありえるでしょう。

素人考えですが、自動車だと動かなくする安全装置をとりつけることによって逆に危険になる場合があったり、設計が難しかったりするのに対し、エレベータだと動かなくすることにより追突される危険があるわけではないし、より原始的な装置で安全装置が設計できるように思うのですがこのあたりの専門家意見もきいてみたいところです。シンドラー社の製品欠陥がはっきりしたわけではありませんが、保守業者の責任と限定するにはまだ早いでしょう。
[PR]
by neon98 | 2006-06-15 11:21 | LEGAL(General)

Backdating Stock Options?
また新たなコーポレートスキャンダルの報道です。
Backdating: First the News Stories, Then the Gov’t Probes, Now . . . the Shareholders’ Suits!(WSJ.com)

幾つかの企業でStock Optionの付与日が不自然にも株価の急上昇の直前とされており、ストックオプションの付与がBackdateされているのではないかというものです。司法省が調査に入り、既に株主から訴訟が提起されているようです。上記のBlog記事で引用されている有料記事は読んでいないので詳しい仕組みはわからないですが、市場を通さずに自社株を割り当てる方式であれば記録に残らずにBackdateすることも可能なのかもしれません。次から次へと色んな疑惑が出てくるものですね。続報を待ちたいと思いますがとりあえずクリップ。
[PR]
by neon98 | 2006-06-15 05:51 | Corporate Governance

菜の花の沖
先日の旅行中に読み始めた司馬遼太郎の『菜の花の沖』全六巻をようやく読み終えた。高田屋嘉兵衛という船頭・商人を通じてみた鎖国・士農工商という身分制度の論理、商品経済、ロシア交易の話である。毎度のことながら、登場人物に語らせる言葉が重い。
商人たる者は、欲に迷うな。とさえ、嘉兵衛は、自分の手育ての者たちに教えてきた。
これは一種の極端な表現であったが、利と欲はちがうのだ、ということを教えるための表現で、世間をひろく見渡すに、欲で商いをする者はたとえ成功しても小さくしか成功せず、かりに大きく成功してもすぐほろぶ、ともいった。
彼が重視したのは信用というものであり、高田屋の品は目方や品質の検査をされることなく、取引をされたのだという。すべての商売の基本たるものはそこにあるというものだろう。
d0042715_1205367.jpg

[PR]
by neon98 | 2006-06-14 12:11 | 読書・映画等

イタリアに清き一票
さほどショックは大きくないといいながら昨日の敗戦とヤケ酒をまだ引きずっております^^。もうすぐ始まるブラジル戦、是非見たいのですがAssignmentを無視して帰宅するわけにもいかず、頑張って契約書をチェックしているところです。

敗戦の怒りゆえか、昨日あまりにも醒めたコメントを残してしまったことを反省しつつ、勝手に考えたクロアチア戦のメンバー。一部メンツの試合勘は気になるものの、編成上やむなし。ブラジル戦を残しているわけですから99.9%決勝進出は無理でしょうが、日本サッカーの意地を見せてほしいです。

少し早い優勝予想ですが、前評判が圧倒的なブラジルを本命とすれば、前回大会よりも中盤の充実したイングランドが対抗、アルゼンチン、オランダ、スペイン、ポルトガル、フランス、地元ドイツとあげればきりがないのですが、私はイタリアを推します。イタリアとブラジルが一位で決勝トーナメントに抜けることを前提とするとブラジルとは決勝まであたりませんし、初戦はF組2位となれば比較的勝ちやすいでしょう。前々回、前回とイタリア優勝に賭けて敗れたので今度は3度目の正直です。イタリアのサッカーは、固い守備から攻撃に転じるときのあのスピード感が好きです。昨年のチームよりも評判が高いようですし、3度目の正直となると思うのですが・・・。
[PR]
by neon98 | 2006-06-14 03:57 | 日常・海外生活

小笠原がみたかった
予選突破という結果は正直ほとんど期待してなかったので、さほどショックは大きくないですが、小笠原がみたかったなあという気がします。駒野のやる気のないクロス、あがりきれない三都主に加え、1・5列目からの飛び出しというパターンをほとんど利用できず、決定的なチャンスはほとんどありませんでした。川口はまあよくやったといわざるをえないんでしょうが、こぼれ球に詰めきれないのはボランチとDF陣の間のスペースについての決め事を守れなかったということじゃないかと思います。福西が時々後ろからシュートを見せてくれたように、もう一人縦への突破ができる選手として小笠原が見たかったなあということだけが残念です。

ジーコ監督は当初から長期政権が期待されたにもかかわらず、チーム内での必要不可欠な決め事すら徹底できなかったうえ、若手を育成したということもないわけで、この4年間で失われたものは大きいでしょう。彼にまともなチームから監督のオファーが来るのは難しいでしょうね。まあ日本のもともと実力がこんなものだといえばそれまでなのですが。

現実的に日本の決勝進出はなくなりましたが、日本戦以外にもたくさん観るべき試合があります(むしろそちらがメインイベント)ので、引き続きW杯を楽しみましょう。
[PR]
by neon98 | 2006-06-13 01:13 | 日常・海外生活

リスクマネジメントと文化論ー典型的な失敗事例
日本社会において何か事故が発生したときの対応はおそらく米国よりも困難である。正確な情報が集まらない中で、刑事事件・民事事件でのリスク回避、捜査協力・情報提供などによる反感の軽減などのバランスをとれた判断をしていかなければならないからである。前者のみに重きをおいた戦略をとると少なくとも日本社会においては袋叩きにあい、前者への悪影響すら与えかねない場合がある。リスクマネジメントは高度に文化的色彩の強いものであり、シンドラー社の今回の対応はまさにリスク対応に失敗したものととらえざるをえない。日本においては同社の事業はもはや終わったと言わざるを得ないだろう。

まず根本的なミスが6月6日段階でのリリースに存在する。
事故がありましたエレベーターは、シンドラーエレベータ株式会社が1998年に設置を行い、2005年3月までは当社が保守を担当し、その後は2社が保守を行っております。
というのが保守業者による責任を匂わせる部分である。さらに、
捜査による詳細が出るまで、事故に関するコメントは差し控えさせていただきます。しかしながら、2006年6月6日時点では、この事故がエレベーターの設計や設備によるものではない事を確信している旨を述べさせていただきたいと思います。
と続き、ここまで来るともはやありえないプレスリリースである。何も事実確認ができていない段階で説明すべき内容ではない。そのくせ、捜査への影響を懸念し、住民説明会への出席拒否(Asahi)などの報道もなされている。

事故の発生=メーカー責任というわけではない。ただ、エレベータなどは利用者はボタンを押すだけの製品であり、利用者のミスということは考えがたいため、それだけでメーカーの責任が強く推認されるものである。よほどの根拠がない限り、保守業者の責任を匂わせる声明など出すべきではない。被害者への哀悼の意を示し、捜査協力、自主調査、緊急点検をする旨を公表し、責任の所在については何も言わないという対応があるべき姿ではないだろうか。

危機発生後のリリースの内容がひどすぎる。日本の然るべき弁護士に依頼していないか、その弁護士が文化の違いを乗り越えて社長を説得しきれていないのかのいずれかだろう。対応すべき弁護士がリリースに目を通し、OKを出しているとすれば駄目弁護士というほかない。
[PR]
by neon98 | 2006-06-09 10:50 | LEGAL(General)

Class Actionに参加してみる
携帯電話のSPRINTからの請求書をチェックしていたら、一枚の紙切れの存在に気づく。危うく捨てるところであった。
If you wish to participate in the Class Action and receive benefits under the Class Settlement, you must complete, sign and return this Proof of Claim form.
なんのこっちゃ、と思いながら確認しているとClass Actionの和解への参加意思の確認書類らしい。Leading Plaintiffの名前をとって、2つ請求原因がたてられ、それぞれBenney Settlement Class, Lundberg Settlement Classとに分けられているが、訴訟はいずれもSprintが顧客から徴収したRegulatory Feeに関して誤解を招く説明をしたなどとして消費者契約法違反、契約違反、不当利得などによる損害賠償請求を問うものらしい。Discoveryがなされた後、双方が交渉し、訴訟の不確実性と訴訟費用の高額化を回避するために和解合意をしたという説明と、これに対して裁判所が和解内容を認可するかどうかは不確実であるという説明がなされている。これだけだと原告が何を主張しているのか全然わからないし、SPRINTが法的責任を認めないままに和解をしようということだけしか理解できない。

気になる和解内容だが、2003年6月1日以降に契約をしたクラスに該当する私の場合はというと・・・
a prepaid Sprint long distance phone card, that may be used from a wireless or wire line telephone, in the amount(s) of $2.50 (Benney Settlement Class) and $1.50 (Lundberg Settlement Class), as approved by the Court.
ってこれだけですかい。Class Actionが誰のための制度かよくわかりました。Milberg WeissがLeading Plaintiffに便宜をはかるだけのインセンティブがあろうというものだ。ネタ的に面白いからClass Actionに参加してみるべく書類を返送した。

SPRINTのClass Actionについて書いたところでなぜか携帯電話は本日から止められていることに気がついた。カスタマーサービスに問い合わせると使用量のリミットを越えたので停止したとのアナウンスがあるのみ。期限までに全て支払いをしてきたし、残高を聞いてみるとありえない金額が機械音声でかえってくるのみ。締め日以降、メキシコのカンクンにいてその間携帯電話の電源などいれていないので、そんな金額が使用されていることがありえない。携帯に残された発信履歴等をみてもどこにもかけていないことは明確だ。NTTの誤請求などが時々新聞報道されたことがあったけれど、こういうものって顧客はどう反証すればいいのだろう。銀行口座の取引履歴やらNTTの通信履歴やらはほぼ正しいと推定されているけれど、反証は事実上不可能だ。私としては絶対に使っていない自信があるので、絶対に払うまいと決めた。ちょっと高層ビルに昇ったり、ビルの陰にはいると電波が入らないSPRINTとの契約はお薦めしない。文句を言おうにもカスタマーサービスで対応するのは機械音声のみ。代理店を訪問して徹底抗戦することを決めた。意地でも払うつもりはないので、私の携帯しばらく(というかもう二度と)通じないかもしれません。
[PR]
by neon98 | 2006-06-08 10:35 | 日常・海外生活

戻ってきてます
特命調査から戻り、今日は久しぶりにオフィスで仕事に追われています。休暇の前後に仕事がたてこむという不思議な法則があるように思いますね。カンクンは非常によく整備されたリゾート地という印象でした。ところどころにハリケーンの影響が残されていて、ホテルの一部がずっと修復工事をしていましたし、リーフが綺麗で有名な国立海洋公園が未だに閉鎖されていてそこで潜れなかったのは残念でしたが、機能としては90%は回復しており、逆に丁度いいくらいの空き具合だったのかもしれません。

戻ってみれば村上ファンド事件で大騒ぎなのに驚きました。感想めいたことをいってみると、日本では金融業界特に直接金融に属する業界に対する独特の見方があるものだなあということを改めて感じたということくらいでしょうか。皆さんが色々と書かれておりますし、既に出遅れてしまっているので、私の方では特にとりあげる予定はありません。仮にとりあげるとすれば、リーガルの側面からではなく、文化論的な側面からになるでしょうが、まだ言葉にできるほどまとまってませんのでしばらくは沈黙を守ることになるでしょう。
[PR]
by neon98 | 2006-06-07 06:45 | 日常・海外生活

法律Blogよりも奥深いよしなしごとを目指して
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
お気に入りBlog
最新のトラックバック
法律の英訳
from 明日は明日のホラを吹く-To..
今さらなんですが・・・
from はらほろとまひれ ~ 米国ロ..
英会話と留学
from 英語がしゃべれるようになる学習法
シンドラー社:労働組合と..
from 今出川通信
エリート法学部生は官僚よ..
from wrong, rogue a..
中央青山
from 1万人のための投資業
今頃危惧しても・・・制度..
from 法務の国のろじゃあ
PwCが日本で監査法人を..
from 法務の国のろじゃあ
[USA]こんだけ旅した..
from BBRの雑記帳
中央青山に一部業務停止命..
from 法務の国のろじゃあ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧